<< 南インド  1995年  その3 | main | 南インド  1995年  その4 >>

就職 するとは

来週から仕事することになりました。

 

就職について制服に名札を縫い付けるとか

 

直接、制服の布に書くと買取になるとか、始めて聞くことです。

 

続くかどうか、誰も求人に応募しなくて私だけの応募

 

仕方なく採用に相成りました。続けれればいいですが

 

お金がないと生きていけないので、−−−−−−やむなし。

 

扶養者もいるし、仕方なし、。

 

健康診断書、住民票、同意書サイン、通勤経路、車の保険証、保証人

 

さまざまな書類、保証人の署名がこの年になると難しいです。

 

父親は他界、母親は無職、兄妹は頼みヅライ、この年で就職

 

考えてなかった、保証人は二人必要とは初めてのことです。高齢者再就職には

 

大きな壁です。どうなることか、やるしかない生きながらえるため

 

頑張ります。送迎で車の運転の仕事も必要、。

 

しかし、不人気の介護業界、若い人はすぐにお辞めになる、気持ちはわかります。

 

何事も我慢が大切、。仕事がいやでお辞めになりたい方、我慢出来るなら

 

そのまま続けた方がよろしいかと思います。再就職は書類を揃える

 

だけでも大変です。生活も掛かっていますし。

 

明日をも知らぬ我が身、神に無事を祈願するのみです。

 

すべての生きとし生けるものが平安に暮らせますように、。


スポンサーサイト

  • 2018.10.07 Sunday
  • -
  • 13:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM